FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイコー SARG011 を買いに行く編

SEIKO腕時計(機械式)
03 /31 2017

前の記事の続きです。SEIKOアウトレット店へ向かいました。

 
このアウトレット周辺も野ざらしの駐車場ではなくキチンとタワー型に整備されましたね。

昔は平日無料だった記憶があります。中国人観光客が増えたおかげですかね。




SARG009と011が無かったら靴でも買うかと思いながらSEIKOアウトレットへ向かいます。


さっそくお店に入ると男子学生と母親というこの時期にありがちな先客が一組。

先日もアキバヨドバシで似たような親子を見かけました。

進級祝いに時計という風習はまだ微かに残っているのですね。

自分も中学生になったときにALBAか何か少年隊が広告だったのを買ってもらいました。

型番は調べてませんがブロンズのクォーツだったような。

その後にやはりALBAのダイバーズウォッチを。






それはさておき、SEIKO5が並んでいるショーケースの中にはSARG009が見当たりません。


後ろはアニエス・ベーやイッセイミヤケなど、その奥にはダイバーやGSなどが飾ってありました。

いやあGSのロレックス並のギラギラ感はすごいですね。琺瑯や漆もとても欲しいです。






そうか売り切れかと思い、帰ろうかとしたところ先ほど親子がいた場所にSARG011を見つけました。


PRESAGEと同じショーケースに並べられて見落としてました。カテゴリー的にSEIKO5SPORTSなのでSEIKO5と同じ所にあるのかと。




実物を初めて見た印象は”思ったより小さくてしょぼいな”でした。





女性の店員さん(たぶん中国人)に声をかけ手に持った印象は

”思ったより軽くて小さいてしょぼいな”でした。



きっと隣に綺羅びやかなSARB065やPRESAGEが一緒にあったからだと思います。


残念ながらSARG009は品切れ在庫無し。



SARG011は店員さん曰く、まだ現行ものですよとのこと。


きっとそういう風に言いなさいと言われているのだと思います。現行品がこんなに安いんですよっていうのがセールスポイントになると思っているのではないでしょうか。



あまりにも軽くてショボイ印象は、同じショーケースに並べられた時計に比べて圧倒的マット感あるグレー文字盤だったからだと自分を落ち着かせます。




SARG009だったら文字盤とステンレスブレスで負けなかったかもしれません。





他も見たいと本当に買う気もないアニエスやイッセイミヤケの時計を眺めながら自問自答します。

ここまで来て買わないなんていかがなものかと。

SARG009の現物を一目見れなかったのが本当に心残りです。



店員さんがブライツを勧めてきますが、それを買うなら外胴ダイバー買いますよ、ええ。




代わりにSARB065を見させてもらいました。なんだったら011じゃなくてこれ買おうかなと脳裏をよぎりました。


こちらも今では小ぶりと感じられる大きさ。

照明のせいか青の革ベルトが艶々しすぎてプラスチックみたいでした。


ダイヤルも綺麗なのですがちょっと自分が使うシーンが思いつきませんでした。

値札を見ると!?な金額。そこからさらに10%OFFと書いてありました。





あれ?SARG011いくらなんだ?と思い値札を見ると30000円を切ってます。さらに10%OFF。


店員さんに価格を確認して支払額を出してもらうと想定していた価格より1万も安い。




さらに自分の心を見透かすかのように店員さんが

「こっち(SARB065)はサファイアじゃないよ。これ(SARG011)はサファイアだよ。」

と爪でトントンします。



(俺が買うものを爪でトントンするなよ!)



と思った時点で決心がつきました。




めでたく購入。




しかし店員さんが4人もいて他の3人は日本人だろうにヘルプにも回ってこないし他の店員の接客もどうかと思いました。

かっこいい紳士風のおじさま店員はGSの前から動こうとしないし。



以前、近くのアパホテルは中国人旅行客で予約が取れなかったぐらいですが今はどうなんでしょうね。このアウトレットも浅草松屋デパートの中の電気屋みたいにならなければいいのですが。




さて最後に言ってもないのに革ベルトの値札の糸を切られたのでせっかくですから付けて帰ります。


SARG009だろうがSARG011だろうが、ベルトを替えるのを前提で購入しようと思っていました。
なので純正ベルトは使いたくはなかったのですがどうせですので。





たいてい晴れた夕方に車を運転してる時に眺めているとどんな時計も愛着が湧くぐらい綺麗に見えます。



SARG011くんはどうでしょうか。








 ”ホムセンで5000円ぐらいで売ってそうな時計だな”




この黒のオイルタンレザーはしっとりとして意外と良いのですがステッチも黒で目立ちません。学生さんが着けてそうな雰囲気の時計に見えます。







サファイアガラスといっても無反射コーティングされてないのでギラギラに反射します。

赤の秒針が見やすいです。



ああやっぱり009の文字盤を一度は見ておきたかった。





でも植字されたSEIKOロゴと同じぐらいの厚みのルミが盛られたアラビアインデックス

は最高です。



マットグレーな文字盤に赤くマーキングされた秒針。焼けたようなアラビア数字インデックス。

うーんスパルタン。



やはりベルトはワイルドな感じの明るい茶色のレザーに変えようかと思いました。


ラグ幅が20mmなのでこういうおとなしい革ベルトが付いてるのでしょう。

片開きのDバックルは初めてですが悪くないですね。



サファイアガラスのシンプルでカジュアルな時計ですのでガンガン使おうと思います(あまりこの言葉好きではないです)。




翌日さっそくエレベーターのドアが閉まる時にガンガン時計をぶつけました。

サファイアガラスでよかった。
2日ほどですがsarb011というか6R15の感想を。
自分が持ってる時計の中でもこのムーヴは狂いが少ないなと感じることが体感的にわかります。
さすが秒針が目立つ赤にしてるだけありますね。

 気になったのがカレンダー。
23時ぐらいから1時間かけて日付が変わるゆっくり仕様なのですね。ここは何か違和感がありました。
もう一台まだ未使用の6R15機があるのでそっちと比べたいです。




にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

tokinohari

壊れそうなものばかり集めてしまうよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。