FC2ブログ

ブローバ オートマチックデイデイト Super Sevilleを買ってみた編

Bulova(機械式)
05 /24 2017


2016年12月。SEIKO SNZH55を買う1週間ほど前に手に入れました。




以前PerlonStrapを購入する時の参考にInstagramを見ていました。

みなさん写真撮るのがお上手ですよね。

その時によく目に留まったのがRolexデイトジャストやTUDORプリンスにPerlonStrapを付けた写真でした。
ずいぶんとバブリーな感じだなと思っていましたが、ふとフルーテッドベゼルの形の意味を知った時に欲しくなりました。
Rolexデイトジャストの以前の価格を知っているからか今は割高感があります。中古も程度がいいのは当然高いです。デイデイトは大富豪向けの価格ですし。

TUDORプリンスデイトデイならなんとか手が届くかなと思いました。





ここでふと、もしかしたら今までの腕時計購入金額でTUDORのプリンスデイトデイ買えたんじゃないか・・・と思ってしまいTUDORも却下しました。

1本を後生大事に付けてるようなのも多分自分には向いてませんし。


単純にデザイン優先で欲しくなったので高い時計である必要はないのです。
そこでいつものオリエントやSEIKO5で探します。

オリエント(OrientPresidentやOysterと呼ばれるもの)やSEIKO5 SNXJ89K1も良かったのですが、SANDOZ WATCHとBulovaのデイデイトモデルに惹かれました。

SANDOZのロゴかっこいいんですよねTUDORの薔薇っぽいし。


しかしSANDOZは流通が少ないのかオクなどでも見当たらずBulovaで探すことにしました。

このモデル何年か前までは新品でも2万ちょっとで売っていた事があったようです。



探し始めてしばらくした2016年12月。2本ほどヤフオクに出品されてました。
自分が落札できた方は状態はそれほど良く見えなかったのですが、その分ちょっとだけ安かったです。




アメリカ生まれの時計メーカーですが今はCitizen傘下。

スイープ運針のミリタリー96B229も欲しかった時期もありましたのでBulovaに親近感はあります。
ロレックスオマージュというよりコピーなのですがメーカー品として売っていたというのが良いです。

ボケてますが竜頭に音叉マークがあります。ねじ込み式ですが年式が古いので防水やねじ切りが不安です。

プレジデントブレスのバックルにも音叉。


裏蓋の真ん中にも音叉。ラグの裏のカットもスパッとしてます。


かなり年季の入った文字盤で蛍光も焼けまくり。ヴィンテージばりばりなものです。


やっぱりロレックスのコピーだけあって大きさもケースバランスもいいです。

36mmケースの厚さは約11mm。

中の機械はETA2834-1と呼ばれる28800振動のハイビート。

にわか知識ですがETAなので今後のオーバーホールの心配もあまりないと思います。
幸い日差はプラス傾向で10秒あるかどうか。

パワーリザーブも40時間ほどあるので今すぐOHに出さなくても大丈夫かと思います。




このフルーテッドベゼルってのはよく考えられたデザインで本当によく光を拾っては跳ね返してくれます。


カレンダーもスペルがフル表示で見やすいし場所がいいです。
デイトもジャストにパシッと動きます。
また使い込まれたステンレスはヌラヌラとした光沢がかっこいいですね。




しかし、やはりそのままではロレックスすぎますので。




ラグ幅は20mm。

ちょっと興味があって買ってみたNATO式Perlonstrapを付けてみます。

黒だから地味です。でもロレックスイメージはだいぶ薄まったと思います。


ダイソーのNATOストラップを付けたらこんな感じに。
トラディショナルな色合いが似合ってます。






インスタに上げたら英語でこれ売ってるの?ってコメントがきました。
古い時計なのに探してる外国の方もいるんですね。


自分が持っている機械式でも1番古いので、水とリューズのネジ山が壊れないのを祈りながらもっとヌラヌラのケースにしたいと思います。




にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

セイコー SEIKO5 SNZH55JCをとりあえず買っておこう編

SEIKO腕時計(機械式)
05 /15 2017
もうこれ以上時計を買わないようにとblogを始めたのに4月5月と1本ずつ買ってしまいました。
1本は1年前から欲しかった時計ですので今は清々しい気持ちです。

で、2016年12月。

SEIKO SRP043。SPORKと呼ばれている369が数字のダイバーズウォッチ。
ゴツクてカッコいいですよね。SINNを意識しちゃいますが。
何となくチェックしていたら某フリマサイトで22000円で売ってたのを知って悔しかったことを覚えています。
あと2週間早くチェックするのが早かったらなあ。

数字ダイバーズはオリエントMAKOぐらいかと思っていましたが、
SEIKO FFF、いわゆるSEIKO5 SNZHをブランパン フィフティファゾムスのようにモディファイしている画像を見つけました。

以前から知ってはいましたがベゼルの数字や目盛りまで激しく光るルミ加工されたFFFが激しくかっこよく見えたのです。
たぶん今でもそうなのですがルミに弱いのかもしれません。

ebayで完成品を売っていますが細かい部分のやり取りが不安なので購入するのは諦めました。

いつかはパーツを購入してどこかでカスタムしてもらおうという甘い考えのもとSNZH55JCの値段を調べましたら15000円を切っていました。
今が買い時かもしれないとポチッと。
このモデルたまに品切れになりますし。


41mmケースで厚さは13mm。いい感じの大きさです。
5なのでもっと軽いかと思ったのですが存在感がある重さです。
防水は100mです。オリス ダイバーズ65だって100mでもかっこいいですしね。

ベゼルの動きはSKX009と比べて非常に柔らかいです。
このガラスベゼルがまた他の時計にはない魅力だと思っています。

ベルトは三つ折りのダブルロックになっています。
値段の割にはいいものだと思います。

メーカーはちょっとわかりませんが欲しかったベルトに近いものを見つけたのですぐさま着せ替えました。
イージークリック付きの黒革にホワイトステッチのベルトです。

あれ?これで十分かっこいいんじゃね?

特に何も期待せずにベルト交換をしたのですが自分にはけっこう刺さってしまいました。
ドレスウォッチ風な見た目なのに実用的な幅広いリーフ針というバランスだからでしょうか。


この写真ではちょっとわかりづらいですが、文字盤にうっすらとサンレイがありインデックスも思ったよりも安っぽく見えません。
あえて言うならSEIKO5のロゴが安いアピールしているぐらいです。

カルティエのカリブルダイバーにも負けてないですは言いすぎですね。
この間ラーメン屋で着けている人を見たのですがやっぱりカルティエすごかったです。


ベルトを変えただけで大満足してしまったので、FFF MODを目指すのは今のところお蔵入りになってます。
オリジナルでかっこいいならそれが一番ですし。
安いのにいろんな可能性がある時計だと思います。

革ベルトが似合うので冬だけのダイバーズウォッチかなと思っていましたが夏も出番が増えそうです。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

SEIKO 7T92-0RT0 SNDF87P1を購入した編

SEIKO腕時計(クォーツ)
05 /12 2017


2016年12月。
SNDF85手に入れた後、しばらくebayやオクをぼんやり眺めていたある日。

何か月間も恋焦がれていたSNDF87が新品で出品されていました。

それまでも2~3万での出品あったのですが買うまではいきませんでした。

そこまで値が張るモデルではないとは思うのですよねえ。

このシリーズの一番人気は白黒パンダにイエロー針のSNDF93P1ですがこちらは出品すら見当たりませんでした。

SNDF87は品切れ前の実売価格が12800円前後だったと思います。
クォーツですがカッコいいんですよね。昔のセイコークロノっぽくて。

でも買っても着けるタイミングはあまりないだろうなと思いました。

SNDF85を手に入れて思ったのですが、自分にはクロノグラフ時計を着けて出かけるきっかけというか必要性がないのです。
手持ちの自動巻き時計をメインで動かしたいし、SNDF85の立場がなくなるし。

そんな感じで諦めようとしていたところに、手が届く金額で出品されているのを見つけてしまったのです。

ちょっと割高感は感じましたが、今後何ヶ月もネット眺めたり未練がましい思いをするならと購入を決意しました。

きっとこの時点で日本でSNDF87P1を買おうと考えているのは自分ひとりだったとは思いますが、万が一売れてしまったらと思うと・・・ポチッ。



思ったよりベゼルのブルーが濃い色でした。
縦2つ目のパンダクロノ、ブルーベゼルにアイボリーの文字盤、それからオレンジの針の色の組み合わせがなんかいいんですよね。
クォーツなので重量感はあまりないですがいいのです。



ステンレスベルトは使わずに取り外しました。



別の時計用のベルトを買った時に送料無料にするため一緒に買いました。



ラリーストラップ風にしました。見た目ゴムっぽいです。
本当はベルトの真ん中が盛り上がっているのが欲しかったのですが安かったのでしょうがありません。
これは厚みはあるのですが平坦なベルトなのでちょっと寂しいです。


同じ時計ですがグレーダイヤルのSNDF85に比べて時間が非常にわかりづらいです。
またSNDF87の方がセンタークロノ針が最初に目に入ってきてしまいます。
色がオレンジだからでしょうか。
実用性よりも見た目が気に入って買ったので問題はないのですが。

色の系統でいえばハミルトンパンユーロの青(クロノ無)が一番好きかもしれません。
同じセイコーのSNA413P1というパイロットクロノもカッコいいです。
SNSを見てると海外人気があるモデルのようです。


もう少し小さいともっとカッコいいと思います。

SEIKOクォーツ時計が2本目になりました。
この時オリエントバンビーノの白と黒、オリエントパイロットの青と黒、セイコークロノグラフは青と灰。
色違いの時計が3組あるという事態になってしまいました。
 
最近では雰囲気を出すためにSNDF87を着けてワイルドスピード8を見に行きました。
我ながらアホっぽいです。
もう少ししたらガルフカラーのNATOストラップを合わせたいなと思います。

ALBA アルバ フィールドギア V743-8000もオクで買いました編

ALBA腕時計
05 /05 2017

2016年12月。フェスに着けていく時計を買おうと探し始めました。

(今さっきも自転車に乗る用の時計が無いなとシチズンプロマスターPMU56-2371の中古を探してしまいました。チタンワンピースのケースにソーラー。ミリタリー顔。いいですよね。もっと早くフリマサイトを見ていれば未使用デッドストックが2つも・・・しかも1つはイエローストーンコラボ。ボーイズサイズの2481がまだ某サイトHPで売ってるんですけどベゼルのコーティング剥がれがなかったらなあ。)

人気アーティストの前線地帯は人と人とのぶつかり合いです。
そんな場所に機械式のステンレス時計を着けていくのは凶器を身に付けて振り回してるようなものです。
そこで他人に優しい時計を1つ持ちたいなと思いました。

電池切れのG-SHOCKを復活させればいいだけなのですが






フェス満喫中のフィールドギア



安いのを探していたらアルバチタンミリタリーABPT209に辿り着きました。

今更アルバ?と頭によぎったのでTIMEXキャンパーにしようか迷いました。 

ふとDUFFERエコドライブ買う前にTIMEXのウイークエンダーかビッグイージーリーダー買おうとしていたのを思い出しました。 J.CREWとのコラボダイバーズは今見てもなかなかいいですね。国産のアラビア数字のダイバーはオリエント MAKOぐらいしかないかな。

全面ルミブライトの文字盤に懐かしさを感じ、それこそ一昔前はTIMEXサファリとかこういう時計がよく売ってたなあと思いました。

しかもこんなに安いのに防水は20BAR。もう学生の味方のような時計です。でも今はG-SHOCKが定番なんでしょうね。



アルバミリタリー とググったところ 

泥沼時計収集メモ 最強の実用時計アルバ フィールドギア

というブログがすぐに目に入りました。



以前からいいなと思う時計をググるとこの方のブログにたどり着きます。

シチズンのナイトホークとか3rd復刻などなど。



記事を見ていたらアルバミリタリーよりも魅力に取り憑かれてしまいました。
フィールドギアの良さを余すところなく伝えていると思います。
しかもオクなら中古で2、3000円ですよと書いてありました。

安くて現モデルより顔がいいしクォーツなら中古でもいいだろうとオク探しへ。



同じような値段でオークションに2台出ていました。

人気モデルなのかそこそこ入札者がいましたがなんとか落札。3000円後半だったと思います。 

届いた第一印象はこんなに小さいのか!でした。

普通の封筒サイズで送られてくるわけですな。軽い軽い。

付属のナイロンベルトも色は好みなのですがいかんせん短い。

小さくてCIMAの時計っぽく見えなくもないかなと自己暗示を。


いつものSARG011と。

バネ棒はずし用の穴が開いているのはいいですね。




引き通しのナイロンベルトをはずして見ると裏蓋に傷があり少し錆びてました。

これは磨いた後の写真です。
ここでフィールドギアはチタンじゃないんだって気が付きました。
でもステンレスなら磨いて手入れできるから逆によかったです。
チタンなら錆びなかったかもしれませんが。
オークションではそんなこと一言も書いてなかったのですがねえ。

その部分はベルトでうまく隠れて写真掲載されてました。

少しでも高く売りたい気持ちは分かりますが悲しいです。



クロノワールドのNATOストラップ18mmを付けてます。
ヘタリ具合がちょうどいい感じ。
時計付けるのがめんどくさいかったり大掃除のような作業の時が主な出番です。
NATOストラップのおかげか1番気軽に付けられる気がします。

しかし古いので防水性能が劣化してる可能性があります。裏蓋の傷はきっと前の持ち主が自分で電池交換したのではないかなと思いますし。

なので雨の日ぐらいなら気にしませんが水仕事などでは気を使ってます。



きっと散歩にもピッタリな大きさと軽さ。

ならば自転車に乗る時にも。
軽いしNATOストラップがクッションになって多少は振動が和らいでるといいのですが。

部屋の電気を消すとここぞとばかり目立ちます。

この時計の欠点は夜光が弱くなると時針と分針が近いような時間帯(22:55とか01:05あたり)に読みづらいところでしょうか。
後継機アルバミリタリーの針が真っ黒になっている理由もここなのではないでしょうか。

もしフィールドギアが壊れたらアルバミリタリーを買おうかなと思うぐらい気軽に着けられる腕時計です。

壊れないように大事に使いますけど。





にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セイコーアルピニスト SARB017をステンレスベルトに変えた編

腕時計ベルト
05 /02 2017




腕時計の購入記録を書く事が少しシンドイのは自分を見つめる事になるからでしょうか。


さて、ディスコンになるかもって空気に飲まれて買ってしまったSEIKO SARB017


1ヶ月ほど寝かせていましたが、ようやく緑の季節になったので念願のステンレスベルトを購入。


4月頭にチェックしていた時は値段が15000円を超えていましたが、最近はやっと13000円後半ぐらいにまで落ち着きました。






型番はD3A7ABですかね。


弓かんはSEIKO5に付いてるようなペラペラではないしっかりしたもの。






ステンレスベルトを付けるのは初めてです。

時計が新品なので傷付けないよう取り付けるのに苦労しました。

最初に弓かんとブレスをラグの位置に合わせてからバネ棒を通して片方の穴に入れます。


もう片方はバネ棒はずしで覚悟を決めてグイッと。



コマをはずして完成。

有無を言わさぬカッコよさ。

時間合わせの時に気がついたのですが、4時位置の方位計のリューズはねじ込み式ではないのですね。

200m防水ではなく20barだからですかね。





割りピン式なのでコマはずしはそれほど難しくありません。

よく見たらブレスにD3A7-B-1と刻印されてました。

ロック部分やバックルはしっかりしてそうで安心です。

さすがアルピニスト用ブレス。
もうちょっと微調整できるといいのですが。





暗闇ですとコブラが浮かび上がります。

秒針はコブラの舌のようにも見えます。

重なったところ撮りたかった。





金色のモノが苦手な自分もこの配色にはやられました。

DIASHOCKと文字盤に書いてあるのもいい味わいです。

昔の車にはよくリアにDOHCやらEFIやらのエンブレムが貼ってあったのを思い出しました。

意味がわからないけど何やらスゴイんだろうって感じがします。



遠回りしたけどやっと本命を手にすることができました。

最初から買っとけよってもう1人の自分がツッコミますが。

ここまで来るのにどれだけ時計を買ってしまったことか。
まだまだ書かなきゃいけない買ってしまった時計があります。

続きを読む

tokinohari

壊れそうなものばかり集めてしまうよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。