FC2ブログ

さらば黄金のオリエント時計 ORIENTSTAR  トノー SDAAA004W0編

ORIENT腕時計
06 /26 2017









2017年4月。

もう時計を買うのは自制しよう。そろそろ終わりにしようと思ってブログを始めた頃。

オリエント時計がエプソンの完全傘下になりました。

やはり日本の工業メーカーが無くなるというのは寂しいものがあります。

以前から何度も手に当てては買わなかった時計。

オリエントスターSDAAA004W0を買うことにしました。



今ひとつ踏ん切りがつかなかったのはその厚さとラグ幅。

ボリューム感満点のまさに樽型。
23mmというどうにもベルトを買うのが面倒な幅。あと1mmぐらいシェイプできなかったのでしょうか。
デカ厚なのでよくぶつけるだろうけど、そこはデカいサファイアガラスでカバーしてもらいましょう。
あとはいつもの某店へ行き、在庫と感触を確かめてみるも一旦保留して帰宅。

そして他の方の購入レビューを読んだりして何日か後に再び訪店し購入しました。
区切りというかなんというか値段もお手頃だったですし。
トノー型やオープンハートの時計も持ってなかったですし、ドルチェヴィータの悪夢を払拭したかったですしね。


何の気なしに他に在庫は無いの?と男性スタッフに訪ねましたが無いとの事。


そのまま帰宅し、眺めていたら結構深い打痕がケースにあるのを発見。

跡から察するにショーケースの角にでもぶつけたかのような長めの筋がありました。
翌日ダメ元で某店へ駆け込み女性店員に見せます。


店員は拭きますが落ちないぐらいの深い打痕です。削っても無理でしょう。


その後拭くのを諦めて上司に内線。


昨日はこれしか在庫がないって言ってたのにあっさり奥から在庫が出てきました。
店頭で買うときは隅々までチェックしないといけないですね。
帰り際に2年間保証ヨーって言われましたが大丈夫なんでしょうか。





47mmケースはベルトがないと更に頭でっかちな時計に見えます。
ラグ足は短いので分厚いベルトは着けられません。



裏蓋も分厚いです。ネジ止めのようですね。



けっこうヌルっとしたナメクジっぽい横顔。厚さは約13mm。
カーブサファイアガラスです。



ハートビートが結構深いです。もうちょっとガラスから近いといいでしょうね。





お安くDiloyのデニムベルトが売ってたので買ったものをちょっとあてがってみました。
青色のベルトは似合いそうですね。



困ったときはやっぱりNATOです。通すのにキツキツです。


ちょっとトレパネーションっぽいのが怖いです。
長袖ならばちょうどオープンハート部分が隠れそうです。いいかもしれません。

やはりメーカーが無くなると気になるのは今後のメンテナンスですね。
ブランドは継続してますので、ひとまずは安心です。
カレンダーがないので休日時計としてピッタリですね。知的に見られたい日にもいいでしょう。

お買い得だからと集めてしまったオリエント時計シリーズ。
日本製品はお買い得というイメージをこれからも海外に発信してほしいですね。



にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

オリエントスター GMT SDJ00001B0まで買ってしまった編

ORIENT腕時計
04 /29 2017

日野の方へレトログラードを送り出したのもつかの間、オリエントスターGMTを買ってしまったのです。
似たような値段のレトログラードと共にチェックはしていました。
レトログラードが白だったのでGMTは黒にしました。

こうやってブログを書いて振り返ると自分でも迷走してるのがよくわかります。
特にファッションに拘りもないですし、必要に迫られてもないのですが。





文字盤はマットな部分とミラーな部分があり、パワーリザーブのところはギョーシェ彫りがされてます。
すり鉢状のインナーベゼル部分が80年代っぽい雰囲気ですね。

穴開きの時分針は好みじゃないですが、秒針がビシっと太くかっこいいです。
買ってから気が付いた良いところですが。
ケースは49.5mm。厚さは13.8mm。ラグ幅21mm。172g。

レトログラードの華やかさに比べるとGMTの見た目は実用主義的です。
数字や目盛りがうるさいぐらい文字盤上にあります。
多層式ダイヤルとでもいうのでしょうか、24時間表記が2つもあります。

1番外側の24時間表記されている部分は下のねじ込み式リューズで回転させて位置を変えられます。
真っ赤な針がGMT針でもう1つの時間を示すことができます。

自分は単純に24時間計として使っていますが、これが意外とカレンダーを合わせるのに便利です。機械式ですとカレンダーを動かしてはいけない時間帯がありますし。


重いケースにリューズが2つもあるからでしょうか、ごついリューズガードがあります。
なんか変だなって思ったリューズガードも男らしさ、いや漢らしさが増して見えます。

この時計ズシっと重いのですが全然付けていても不安になりません。
重さが安定感に繋がっている感じです。



ケースエッジもビシっとしてますよー。


ラグ部分のヘアラインとポリッシュの切り替え部分のケース加工は手が込んでるなあと。素敵です。


話は変わりますが、現役GMTモデル(WZ0061DJ、0071DJ)は本当にかっこいいです。

1303.png 
12時の下に扇形に構えるパワリザ。スパッと縦に線が入った文字盤。
ドルフィン針でさらに男らしい。
パッと見てオメガかボールかの時計かと思うぐらいです。
リューズもスマートに1つだけでスーツの袖口にピッタリだと思います。
グレー文字盤にイエローGMT針のWZ0081DJもトレンドぽくていいですよね。

ビジネスシーンおすすめの時計というとセイコーSARB033などが定番かと思いますが、WZ0061DJもフレッシュだけど力強い自分を演出できる時計だと思います。
最初にちょっと気合い入れて買う機械式腕時計としてベストだと思います。

たぶん自分は買わないとは思いますが激しくオススメです。
(最近某店で49800円で売ってました。激しく欲しかったです。)


話を戻しますが、海外で呼ばれているOrientstar seekerでググって見ると、時分針の穴が空いてないモデル、ベゼルがPVDブラック、ケース全体がPVDブラック加工、サイクロップレンズ付き(WZ0041DJ)といろいろマイナーチェンジされてきたようです。

他の方のブログやレビューを見たところデイトジャストするモデル(ベゼルPVDブラックモデル?)もあるようです。
このSDJ00001B0は違いますが。


腕時計は付けて使ってこそ自分に合う合わないがあるなと思います。
食わず嫌いはよくありません。
旧GMTは見た目不格好な時計な気もしますが、日常使いの満足感は非常にあります。
強いて言えばインデックスがたまに安っぽいぐらいレインボーにキラキラと光るところとGMT針の赤の色ぐらいです。

最高の平凡SARG011と。

あーこれで時計買うの止められるなと思った最初の一本でした。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

オリエントスター レトログラード SDE00002W買った編

ORIENT腕時計
04 /28 2017


保護シールに包まれたオリエントスターレトログラードです。

国内ではWZ0041DEという型番のモデルと同じ時計だと思います。


2016年9月下旬。新モデルへの移行時期だった為でしょうか。

オリエントスターの特定モデルたちが異様にお手頃な価格で売っておりました。



この金額にもう少し出せば欲しいなと思っていたSEIKO SARB065が買えます。

しかし定価はオリスタの方が高い。


ここでオリエントびいき脳が働きました。

SEIKO SARB065は定番商品だからいつでも買えるし(この春カタログ落ち)、今買うならこのレトログラードだろうと。

自分に設けていた、時計は15000円まで、という壁が崩れてしまいました。


このモデルは黒や青もありました。写真で見ると青はものすごく綺麗で魅力的ですが、この時に手に入る物は黒と白のみ。

実物を確認しようと某カメラ屋に向かいました。

温かみのある白文字盤の方(WZ0061DE)がいいなと思いました。


しかしその場で購入はせずに帰宅。


結局欲しい気持ちが心変わりしなかったので週末に再度お店へ行ったのですが、売れてしまっており、在庫も無しとのことでした。




そこでいつもの某店に行ってみました。

WZ0061DE(と全く同じ時計ですが型番確認せず)とSDE00002Wの両方が置いてありました。


WZ0061DEは某カメラ屋より安く売っており、SDE00002Wの方はWZ0061DEよりも5000円高かったです。


SDE00002WとWZ0061Dの違いは、

WZ0061DEはインデックスと針がグレーメッキされて日光の下での視認性がUP。レトログラード部分の曜日が2文字表記。

SDE00002Wは曜日針が長く、当日の曜日が針で隠れてしまいます。


ベルトもWZ0061DEはステンレスの3連ベルトです。




正直どちらを買っても後悔はしない選択だとは思うのですが、SDE00002Wの方がWZ0061DEよりも5000円高かったので余計に悩みました。


グレーメッキと慣れない曜日の2文字表記は自分の中では減点。

SDE00002Wのベルトはバイクの空冷フィンみたいでカッコイイので加点。


結局店頭では買わずにAmazonで購入しました。

販売店は同じなのですがAmazonでは5000円安かったのです。


両球面サファイアガラス越しにパワーリザーブ、レトログラード、ポインターデイトがバランスよく配置されギョーシェ彫りが施された文字盤。



 

ケース39.5mm 厚さ13.1mm ラグ幅20mmとAmazonのページより。

着用した第一印象はややずんぐり感あるなと思いました。





フライバックするレトログラード機能もリアルタイムでは確認したことがありません。

一度は確認しないとなとは思うのですが。





裏蓋スケルトンから見えるローターにはコート・ド・ジュネーブ、プレートにはペルラージュ模様。


さっそく使おうとしたところ時計ケースに一番近い部分のブレスが引っかかるような動きになってスムーズに可動しません。




何日か使えば摩耗して直るかなと思いましたが、やはり我慢できずに即オリエントサービスセンターに電話相談しました。


どちらでお買い求めになりましたかと初老(っぽい)の方に聞かれました。

あそこの店は中国人観光客向けなので答えるのに躊躇いましたが,素直に店名を伝えると、あーあそこですかと話はスムーズに進みました。

すぐに故障箇所のメモと保証書同梱してサービスセンターへ送ってくれとなりました。


幸いブレスは新品と交換してくれました。

ありがたいですね。


しかし、またもや買ったばかりの時計が手元から無くなるというブラックモンスターと同じことが起きてしまいました。



そしてまた違う時計を買ってしまったのです。






にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ORIENT RAY RAVEN FEM65007B9 オリエント レイ レイヴンを海外通販した編

ORIENT腕時計
04 /21 2017
 

まだ夏は終わりそうになかった2016年8月。オクで手に入れたばかりのセイコー ブラックモンスターを売主にOHしてもらうために旅立たせました。

 

何かの拍子でシンガポールの時計屋さんのサイトを見始めていました。

たしかSEIKO SRP493K(495K)、いわゆるStargateⅡが売っていたからだと思います。ケースが手首の形に沿うようにカーブしていて魅力的なStargateⅡ。
スーツにも合いそうだなとか自分に買う理由を考えさせてくれる時計でした。
自分の中で1,2を争うぐらい購入しようか悩んだ時計です。

悩んだ理由は青文字盤か黒文字盤かでした。
今ならオレンジ針と青文字盤が楽しい493Kが欲しいです。





お店のHPのオリエントコーナーを眺めていると15000円ぐらいの真っ黒なダイバーズウォッチに目が留まりました。
オリエント RayシリーズでもRavenと呼ばれる時計でした。

 

ブルーのサンレイダイヤルが評判のオリエントRay。

このブラックケースのRayは以前欲しかったVAGUEWATCHと似ていました。

関係ないですがMAKO USAⅡの白かっこいいですね。サファイアですし。





値段が手頃(15000円ぐらいが購入の壁です)ですし、海外通販にチャレンジしてみようと決心しました。

しかし英語は当然のごとく義務教育レベルの自分。
本当にここは安心なのか何日か検討しました。

以前、通販の詐欺サイトから時計を買いそうになったこともありますし。



 色々とお店の評判も調べたり、支払いもpaypalだから大丈夫だろうと購入を決心しました。 paypalの登録も初めてでした。



そのシンガポールの時計ショップのサイトは自動で日本語表示になっており、英語なんて出来なくてもサクサクと入力できてしまいます。 

これが自分には落とし穴でして、送り先の住所を日本語(漢字、カタカナ)で書いてしまいました。 



paypalにて支払いを終えたのですが、時計を送ったよってメールが一向に来ないので不安になりました。

そこで海外通販のやり方をネットで調べると自分のミスに気がつきました。
すぐにグーグル翻訳などを駆使して拙いメールを送ってみました。 



入れ違いで向こうからも住所がわからなくて送れないよって趣旨(たぶん)のメールが来ました。
英語でのメールで相手に何かを伝えようとするのも初めてでドキドキしました。どうしても伝えたい単語の部分を大文字にしたり。



 なんとか住所を教えると即日に発送してくれました。
 本当に対応の早さと親切さが身に沁みました。

日本の通販サイトだと 大抵何か連絡しただけでクレームか?と身構えるか、マニュアル通りの事務的で機械的な対応ばかりですし。 





海外からの発送ですが翌々日には手元に届きました。沖縄からと変わりません。

 持ってくる人が日本人で驚きました。当たり前なのですが。



第一印象は軽いでした。
ベゼルのシールが安っぽい以外は気に入ってます。ベゼルとインナーベゼルとインデックスがちょっとズレ気味ですが。赤の秒針がトットットッと一生懸命動いて可愛げがあります。

 やっぱり2時位置の曜日送り用のリューズがいいです。
つい押したくなりますが、 ここも使う時はねじ込み式でロックしてます。
 オトコゴコロをくすぐるギミックだと思います。

またこれもバンビーノの時と同じようにすぐさま手巻きハック機能つきのRayRavenⅡが出ました。
曜日送りのリューズが無くなってアッサリしてます。
 
OHから戻ってきたモンスターと。
購入時に付いていたブレスは外してサンドベージュNATOにしたのですがボヤける感じですね。 
ケースは40mmで厚さは13mm。文字盤に200m防水表記があります。



ちょっと写りが悪いのですが裏蓋はPVDブラック加工されてません。

夜光はネイビーボーイよりもやや弱い感じ。
それでもダイバーズウォッチらしく他のオリエントよりは強めですが。

時計というものは意外とすんなり買えることが少ない気がします。
これは売ってる側の業界の体質なような気もしますが。
それは後日Raven用にベルトを買った話で。






Orient Bambino オリエント バンビーノ2本でどうだ編

ORIENT腕時計
04 /15 2017



何故か買った時にオリエントスターのケースが付いてきたオリエント バンビーノSER24005W0です。
 2016年7月。この頃にはオリエント時計のファンになって、いやオリエント時計No. 1、オリエント時計に非ずば時計に非ずぐらい思っていた時期でした。
 
まあ大げさですが安価なロレックスエクスプローラーⅠ風のオリエント時計
(型番WER2B001W,WV0921ER,SER2B001D,WV0901ER)
を買おうと思っていました。

何より1万円もしないのにサファイアガラス。文字盤にサファイアガラス使用してある証しである菱形を2個ならべたロゴがあります。恐るべしオリエントのワールドステージコレクション。



 しかしいつかは欲しいなと後回しにしていた候補のバンビーノVer.1の通販在庫が枯渇しかかってました。

白と黒と迷っていました。
白文字盤に黒の革バンドだったら悩まなかったかもしれません。

 少し頭がおかしくなっていたのでしょうか。 

そうだ、白と黒を買ってベルトを入れ替えればいいんだと。 



ネット通販では黒バンビーノの革ベルトモデルがどこも完売でした。

そこで以前WV0801ERを購入したあの店に。

しかしやはり黒はメタルブレス(型番はSER24007B0)しか在庫が無く、店頭でどうしようか迷った挙句に白と黒の2本買ってしまうという迷走っぷり。



 女性中国人店員に呆れた顔で「すごいねー」と言葉をかけられた時にもう腕時計を買うのを止めようと思いました。
 感情を表に出す接客も悪くはないですよ。客観的な反応が伝わるという意味で。

購入後、ほどなくしてAmazonで手巻きハック機能付きモデルが発売されました。
新ムーヴへの移行途中だったんですね。今でも好評発売中です。
ええ全然悔しくなんかありませんよ。 



この黒のバンビーノに付いていたステンレスブレス。あまりにもピカピカし過ぎていたので使う気にならず、買ったその足でヨドバシカメラでBambi社のミラネーゼブレスを購入。その場で付け替えてもらいました。


夏だったので革じゃないなと。
 ラグ幅が21mmなのでフィット管で調節してあります。  

これがまた着けてていい感じなんですよ。

ドームガラスの風防がいいですね。

半袖の開襟シャツ姿にとても良く似合う時計になりました。




 余ったステンレスブレスは一時期、白バンビーノに付けていました。
 キラーン

こうして見るとそこまで悪くはないですよね。 
弓かんもピッタリで逆に貴重かもしれません。

 
文字盤もボンベダイヤルと呼ばれる球面型になっていて、時計の縁に向かってカーブしているのでレトロ感があります。

文字盤の白は青みがかったような冷たい感じの色とでもいうのでしょうか。どことなシャープでクールです。



オリエントロゴの赤がポツンと目だって日の丸っぽいなーと思いました。



最近は白バンビーノに茶色の革のZULUストラップをしています。

1000円だったので試しに買ったのですが、どれに付けてもしっくりこず、白バンビーノに付けたら自分好みになりました。

もともとアンティーク調の革でしたが、なんとなく戦後っぽい、実家の祖父の机の引き出しから出てきそうな雰囲気になりました。


黒の方も昭和っぽいんですけどクラシックというより、当時ギラギラしていた人が付けてたような雰囲気です。
蛇腹のベルトも似合いそうですね。

大きさは40.5mm、暑さ11.8mm、防水性のは3bar。 

大きく見やすい文字盤。付けてて邪魔にならない厚さ。

価格も安く、今は手巻きハック機能付きと庶民の味方とも言うべき腕時計です。

これも最高の普通って時計ではないでしょうかね。



購入して後日、ふと2本買うならSEIKO SARB065買えたなと若干の後悔の念がありました。

SARB065は何回か試着したのですが(それこそ先月末にも)なんか自分にはしっくりこないというか。美人すぎて話しかけづらいクラスメートみたいな。



バンビーノはキラキラしてない分、愛着が湧きます。

 まあインデックスも薄いし、針もペラいのですがシンプルで曲面だらけで傷つきやすいとは思うのですが。その分大切にしたいというか。




   本当は針が短すぎると評判のVer.3の青(Ver.4でも可)とグレーも欲しい気持ちはまだ若干あります。ユンハンスマックスビルを思わせるバウハウスデザイン調と文字盤の色がそそるのです。




にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

tokinohari

壊れそうなものばかり集めてしまうよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。