FC2ブログ

CASIO G-SHOCK DW-6300-1A フロッグマンにイルクジにスネイルランプ チプカシ以前からあった時計編③

CASIO 腕時計
07 /03 2017

MR-G120を修理する少し前。
G-SHOCKを持っていたのを思い出したので漁ってみました。
しかしガラ箱から取り出すとケースがバラバラって崩れるじゃありませんか。

アイスホッケーのパック代わりにできるような頑丈な時計のはずなのに。

俗に言う加水分解ってやつです。



むき出しのネジがかっこいい。


これは自分が祖父に選んだ時計でした。

デジタルで大きい時計がいいという希望で。


農作業や庭いじりをする祖父だったので手首の邪魔にならないようにコレを選んだと思います。


しかし祖父には重いらしく自分が使うようになりました。


15年ぐらい前は周りから良いG-SHOCK持ってるなって言われてました。

その時はふーんそうなんだって思ってましたけど。
遊環部分が切れたのでほったらかしにした記憶があります。

裏のカエルがカワイイです。最新フロッグマンを調べたら結構なお値段でした。

直せたら使いたいですがメーカー在庫は当然なし。
ベルトはまだまだ元気そうなのですよ。

ベゼルケースだけでもどこかに売ってるならもう一度動かしたいなと思うのですが。


お次はDW-6900K イルクジのスケルトンモデルです。

1996年の第5回イルカ・クジラ会議記念ですね。

三つ目がちょっとトボけた感じです。





すっかり色も変色し生ゴムみたいな色になってます。

イルクジはプレミアムが付いていた時期もあったようです。

そんなのかんけーねーとばかりにガンガン使ってました。


この裏蓋のやっちゃった感が漂う変色っぷり。
これはダメな気がします。







最後はDW-5600VTとメロコアバンド スネイルランプとストリートブランド montageとのダブルコラボモデルです。




やはりこの形は軽くて使いやすいです。




ライブを見に行った時に調子に乗って買ってしまいました。

これは電池交換したらすぐに使えそうです。



あまり物を捨てられない自分は今でもこの時計たちをどうしたらよいのか迷っています。
断捨離断捨離。 
スポンサーサイト

ありがとうカシオテクノMR-G 120A-2復活編

CASIO 腕時計
06 /21 2017


2017年3月。
ちょっとシチズンプロマスタータフやなぜかRXWが気になりだした頃。


手間いらずで頑丈な時計プロマスタータフ。

12時の位置の▼がカッコイイって急に思ってしまいました。

ロイヤルマリーンコラボがいいですね。その分えらい高いです。

SBBN035が買えちゃいそうなお値段。せめてモンベルぐらいのお値段に・・・。



気がつけばオクで中古を探したりしてましたが不意に我に帰りました。


もう中古の時計はコリゴリだと。中古だとソーラー充電部分が不安ですしね。

甘い生活は終わったのですよ。



ふと頑丈な時計を持っているのを思い出しました。


CASIO MR-G120Aです。



fc2blog_20170409185702e19.jpg 

写真の右端のです。

電池切れ、ブレスレットのピンが紛失、しかも10年以上ほったらかしという状態でした。


電池を交換しても動くかどうかわからないのでお金をかけたくないなと思いました。

カシオのHPを見たところ修理受付期間はとっくに終わっています。


まずはMR-Gに詳しそうな時計屋さんにメールで問い合わせたのですが断られました。

近所の時計屋さんに聞いてもパッキンが無いということで断られました。


そこで高くつきそうですが思いきって秋葉原のカシオテクノに現物を持って訪ねてみました。
平日ですがポツリポツリとお客様がいます。


もしかしたらここでもパッキンが無いと言われるんじゃないかなと思っていました。


しかし受付のお姉さんはあっさりと引き受けてくれました。


ついでに紛失したピンとコマの追加(手持ちの)を頼んで見たところOKと返事が。


いやーありがたいですね。

最悪、電池交換して動けば防水性能は我慢しようと思っていました。

たぶんパッキンの在庫がなかったらメーカーとしては電池交換も受けてくれないと思います。

防水検査もしてもらって更にブレスも直してもらって電池交換の料金のみで済みました。





さっそく装着して一日過ごしたのですが、なんとその夜にまたもやピンが紛失。

通販しようかと考えましたが翌日もう一回カシオテクノを訪ねてみました。


そこで相談するとピン1つ80円とのことでしたのでお願いすることに。

ちょっと状態を確認してもらうと他のピンも劣化があり真っ二つに割れる可能性があるとのこと。

もしかしたらピン穴内部も錆びてる可能性があるので1週間ほどお時間をいただきたいと言われました。


そして数日後。

修理が終わったと連絡がありました。

自宅に送りましょうかと言われましたが修理料金が振込だと面倒なので取りに行くことに。


受付で時計を受け取ると全てのピンを交換しましたと言われました。

しかし、なんと料金は前日に電池交換していただいたので今回は大丈夫ですとのありがたいお言葉が。

こんな20年前の腕時計を持ち込んだのに大事に扱ってくれるとは。

普通どんな業種でも新製品を買ってもらうため、古い商品の修理は嫌がってやらないことが多いと思うのです。


実はちょっとした思い入れがある時計だったので使えるようになったのが本当に嬉しかったのです。


3000円ほどの売り上げなのに頭が下がります。

こういう細微な心遣いをするサービスはなかなか真似できません。

これが平日にカシオテクノを訪問するお客がいる理由なのかもしれません。





ベゼルの内側がポリッシュなので暗いところでも光を拾ってインデックスを反射します。
よく見ると針にも夜行が塗ってあります。


そっけない右側。分厚い球面ガラス。

昔の潜水夫の頭に見えます。





本体の重さからかリューズは左側です。ねじ込み式で防水は20bar。



8時の位置にあるボタンを押すと



ブルーバックライトが光ります。ビバ90年代。







この滑り止めのゴムが重さを更に感じさせてくれます。

手持ちの時計で1番重力を感じます。

なんでチタンモデルじゃなくてステンレスモデル買ったんだろうw。


ラグ部分のピンが折れたりしたらきっと直せないんだろうなあ。

壊れにくいMR-Gの弱点は本体ではなくてブレスですね。





頑丈な仕事時計ですが残念なことにカレンダーが無いのです。

日付をまたぐ時に何日なのか確認することがあるのでそこだけは不便です。


頑丈ですが分厚いので傷だらけです。


今年で発売されてちょうど20年。

キリの良いところで復活できてよかったです。









にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

カシオ CASIO A-158WEA-9JF編

CASIO 腕時計
04 /09 2017

ご存知チプカシです。
これはDUFFERエコドライブを購入する前の2015年10月頃に購入しました。
仕事中に時間を見る機会が増えたために腕時計しないとなーと思っていた時期でして。 

その時にPerfume のっちがチプカシを愛用していると。
同じ型番のものはあまりピンときませんでしたが、このゴールドというかキャメルの文字盤の方は一目で気に入りました。 



右下の赤いWRという文字が効いてますね。
カッコいいです。 


実際、この時計はほとんどの場面で使いやすいと思ったました。
Yシャツの袖口にも合いますし、薄く軽い。
軽すぎて付けていることを忘れるぐらいです。
 何より買った時にしか時刻もカレンダーも合わせてないのですが、今でもほとんど狂ってません。
時間よりもカレンダーはどうなっているのでしょう。
 他のクォーツは月によってはカレンダーを弄らなければいけませんし。


 

ステンレスブレスはバックルに向かってキチンとテーパードしていて、着け心地も悪くないです。
長さの調整もコマ外さなくてもOK。
コストに見合っていていいですね。
メイドインチャイナおそるべし。

 ただ、滅多なことではないのですが、
1回だけ作業中にベルトが外れ、時計が落ちた事がありました。


 軽いので落としてもダメージは(金銭的にも)少ないのですが、落とした事に気が付かないというのがデメリットだなと感じました。
特に長袖を着ている時はマズイなと。 

そこで何か時計はないかなと昔使っていた腕時計たちを思い出すわけです。

 今このチプカシくんは普段持ち歩くカバンの中に入れっぱなしです。
 いつでも緊急出動に備えているカワイイやつです。


にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

tokinohari

壊れそうなものばかり集めてしまうよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。